債務整理をすることによって

債務整理をすることによって、人生をやり直せる可能性が出てきます。例えば、自己破産であれば、すべての債務が免責されるわけですから、それで新しく人生を考えられるようになります。ですから、どうしても借金で首が回らないときには、そうしたほうがよいときもあります。あくまでそうしたときもある、と言う話であり、確実に自己破産だけが債務整理としてベストであるわけではないのです。

例えば、同じ裁判所に依頼する方法であっても、特定調停というのもあります。こちらも強制力がありますから、命じてくれるのであれば、確実に実行できます。しかし、そうしたことは履歴として残るわけです。つまりは、裁判所を通して、借金の減額をしてもらった、という事実は一生、公的に残るのです。

それが色々と問題になることがありますから、あえてそれを選ばない人もいます。そして、そのためにやるのが任意整理というものであり、これも債務整理の一つになります。要するにこれはあくまで個人的に交渉することによって、返済していく額を免除してもらったり、金利を低くしてもらったりするわけです。別に裁判所に命じてもらうのではなく、個人的に債権者と交渉するわけですから、公的な記録としては残ることがないのです。

そのため、今後の人生も考えますとそうしたほうがよいときもあります。そもそもそれで返すことができるのであれば、自己破産がベストとは言いがたいわけです。自力で返したほうが良いに決まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です