債務整理で希望ある生活を取り戻そう

カードを複数持っていて、気がついたら借金が増えて返済に苦しむ生活を余儀なくされている人は多いですが、そんな人たちを救済しようと作られたのが債務整理という制度です。これは基本的に弁護士さんに依頼します。法律に関する知識が必要ですし、金融会社との交渉には経験が必要です。この債務整理には三つの方法があります。

一つは任意整理、これは金融会社と交渉して金利をゼロにして、その上で過払い金が発生していたら元金から減額してもらいます。うまくいけば借金が帳消しになるケースもあります。支払いは毎月一定額を分割で支払っていきます。注意点としては弁護士への報酬もその中に含まれているということです。

民事再生とは借金の返済が困難であると裁判所に認めてもらって上で、五分の一から十分の一まで減額してもらい三年かけて残金を返済するものです。最後に自己破産ですが、これをすると借金がすべてなくなるのですが、財産の没収があります。しかし、家族や会社などに知られる心配は無いので、返済困難な場合はこの方法を積極的に使っていくことが肝心です。いずれにせよ、債務整理をすると金融機関のブラックリストに載って、五年から七年の間お金が借りれなくなるので注意が必要です。

債務整理をすれば、希望ある生活が取り戻せて、これからの人生を前向きのとらえることができるので、悩んでいるよりインターネットの無料相談などを利用すれば気軽ですから、一度、弁護士さんに相談してみることをお勧めします。広島で離婚の慰謝料のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です