債務整理のメリットとデメリットとは

債務整理のひとつに自己破産があります。これはすべての借金を無しにできる方法ですので、とにかく今の借金から解放されたい、借金の金額が大きく、収入から考えても今後も返済していける見通しがない場合には適したやり方になります。自己破産を行うかわりに車や家などを手放すことになりますし、就ける仕事などにも制限がありますが、それでも人生を再スタートさせるにはよいやり方でしょう。これ以外には任意整理という方法もあります。

この方法ですとこれまで払ってきた金利を正しく計算しなおしてもらい、そのうえで借金を減額してもらって3年から5年ほどで返済していきます。この方法では同時に過払い請求を行うことも多いです。これで払い過ぎた金利分を返済してもらえますが、その金額が人によってはかなりの金額になることも少なくありません。借金の返済は続きますが、その金額は負担になる金額ではありませんし、この過払い請求が行えることで任意整理をおこなう人が増えています。

また、個人再生という方法もあります。これは、今住んでいる家を残すということができる債務整理方法になります。そのため住宅ローンなどは減額されずそのまま返済していくことになりますが、それ以外の借金に関しては最大で5分の1ほどになり、それを3年から5年ほどで返済していくことになります。住宅ローンと借金を返済できるだけの収入があることが条件のひとつになります。

また債務整理にはその後新たに5年から10年ほどはローンを組むことができないデメリットもありますが、精神的には楽になるというメリットも大きく、借金でどうにもならなくなっているのであれば検討してみるのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です