自己破産は債務整理の手続きの一種です

金融業者のカードローンは使いやすいサービスと言えますので、複数の業者の申し込みをする人もいると考えられます。消費者金融など複数の業者から借り入れを行ってしまったときには、毎月の返済金額が多額になってしまうと予想できます。返済金額が多額にのぼっている状態に陥っている人のことを多重債務者と呼びますが、多重債務の問題を抱えている人の場合には法的な手段といして債務整理を行ことができます。借金を帳消しにする手続きとして知られているものに自己破産がありますが、自己破産も債務整理の一種の手続きとなります。

自己破産では破産の申し立てを簡易裁判所に対して行う必要があって、借金の返済能力を有していないことが認められれば、法律的に借金の返済義務が無くなります。自己破産が成立することによって、借金を支払わなくてなくなることを免責と言いますが、債務を免責してもらう代わりに財産を処分することで債権者の債務の弁済に充てられます。自己破産を成立させるためには、生活に必要最小限の財産を除いてほとんどの部分を処分する必要がありますので、リスクも大きい債務整理の手続きと言えます。自己破産が成立すれば債務は一切なくなりますので、その後の生活において借金に苦しめられることはなくなります。

しかし、どのようなケースであっても自己破産が認められるというわけではなく、株式投資による借金や浪費によって借金が増えたときなどは、裁判所に免責を認めてもらうことができません。自己破産の免責不許可事由に該当する理由で借金が増えてしまっているときには、債務整理のうちで自己破産とは別の手続きを模索することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です