債務整理をして借金を解決しよう

ある程度の年齢の人ならば、多かれ少なかれ借金を経験していることは珍しいことではありません。現在の日本にはお金のトラブルで悩んでいる人が何百万人も居ると言われています。あまりにも借金が苦しすぎて命を絶ってしまったり、夜逃げをして世間から隔離してしまったという話もあります。そのようになってしまう前に、借金の苦しみから逃れるための方法を債務整理と呼びます。

債務整理には、任意整理・民事再生・自己破産といった手続きがあります。任意整理というのは、裁判所などを通さずに弁護士などを介して話し合いで借金を減額する方法です。継続して収入があり借金を返せる見込みはあるけれど、余計な利息を払うのは難しいという人向けの方法です。利息制限法の上限金利に金利を引き下げるように再計算をして、借金を減額します。

手続きが比較的簡単であり、裁判所を通さないので周囲に知られることが無いというメリットがあります。民事再生は、家などの財産を保持したままで借金を減額できる方法です。自己破産と違い、特定の職業に就けないなどのデメリットはありませんので、特定の職業の人にはおすすめできる方法となります。ただし、借金がすべてなくなるわけではありませんので、返済できる予定のある人向けの方法です。

返済の予定が全く立たず、家などの財産を手放しても良いのならば、自己破産が向いています。債務整理は様々な種類がありますので、自分の置かれている状況を理解し、どの手続きをするべきなのかしっかり把握するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です