弁護士に債務整理として過払い金回収の依頼ができます

日々の生活を送っていくために、収入が少ないことを理由として金融業者から借り入れをしてしまうケースもあると思います。金融業者から借り入れを行うと、会社からリストラをされたり、突然病気を患ってしまうなどの生活環境に変化が生じることで支払っていけなくなることも考えられます。現在では貸金業法が改正されたこともあって、金融業者からの借り入れは利息制限法に基づいて付けらている金利以上の利率で利息の支払いを求められないと決められています。貸金業法が改正される以前には、利息制限法の他に出資法という法律もあって、利息制限法で定められている利率を超えた金利を付けて貸し付けを行った金融業者が多くありました。

そのために、長い期間にわたって金融業者から借り入れを行って金利分を含めて支払いを続けている人の場合には、利息制限法で定められてい利率以上の支払いを行っている可能性が高いです。自分が金融業者に対して高い金利の支払いを行っていると感じているときには、早急に債務整理の手続きが行える弁護士に相談することがおすすめです。様々な債務整理の手続きに関して取り扱っている弁護士に依頼することによって、代理人として過払い金返還請求の手続きを行ってもらうことができます。債務整理を弁護士に依頼するときには、費用のことについて気になる人が多いと考えらえますが、近年では着手金が無料になっている法律事務所も登場しています。

過払い金返還請求の手続きの場合には、訴訟を行わずに過払い金を回収するときには、回収した金額の20%以下の金額を成功報酬として支払うことが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です