任意整理という債務整理は大変

任意整理という債務整理はとても大変なのですが、自己破産よりデメリットは少ないです。それに、任意整理というのは、借金が残ることもあるのですが、話し合いですべての財産を処分して勘弁してもらうときもあります。そのあたりは交渉次第ではあるのですが、とにかく話し合いをするべきです。債務整理の最終手段は自己破産であり、場合によることではありますが、それでも借金の内容次第ではかなり簡単に認められます。

そもそも一回くらいは人生で失敗しても、やり直しを認めてあげよう、というのがこの制度の主旨なのです。ですから、実は今はギャンブルでもそれなりに認められることがあります。昔は、ギャンブルは自己破産できない、ということがあったのですが、今ではそうではないのです。あくまでかなり条件的には厳しいことではあるのですが、不可能ではない、と覚えておくと良いです。

しかし、自己破産にはデメリットもありますが、債務整理でも任意整理がよいのです。それならば、金融関係のブラックリストに公的に載ることもありませんし、今後の借金が難しいのは確かなのですが、それでも不可能ではないのです。自己破産というのは、色々と行動にも制限が出てくるものですから、どうしても避けることができるならば、そうしたほうがよいのです。そこをよく理解して、どうするべきかを考えたほうがよいです。

借金で首が回らなくなったら、自己破産もよいのですが、他にも方法はあるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です